普通のアメリカ駐在妻がゴスペルクワイアに入ったら、U2のバックコーラスをすることになった話

アメリカ生活

こんにちは。Satoko(@satoko0829)です。

今日は、アメリカに住んでいた頃のとんでもない経験についてお話しします。

Satoko
Satoko

私は夫の仕事の関係で、5年間アメリカのロサンゼルスに駐在妻として住んでおりました。

もちろんご存知の方は多いでしょう、グラミー賞を22回も受賞(グループアーティスト最多だそうです)している世界的人気ロックバンド『U2』。

彼らが『Jimmy Kimmel Live!』というアメリカの人気TV番組に出演した時、なんと私が所属していたゴスペルクワイアにバックコーラスの依頼が届きました。

ジミー・キンメル・ライブ!』 (Jimmy Kimmel Live!) は、アメリカABCテレビで放映されているトーク・ライブ番組。司会と企画はジミー・キンメル。収録はロサンゼルスハリウッドにあるエル・キャピタン劇場で収録される。

ウィキペディア(Wikipedia)

私はただ大学時代にゴスペルサークルに入っていただけの一般人なのですが、アメリカに住むなら本場でゴスペルがやりたーい!と思い、ロサンゼルスにあるゴスペルグループを見つけて所属していました。

教会所属ではなく、パフォーマンスを目的としたクワイアでしたので、普段からいろんなイベントへのオファーがありましたが、『Jimmy Kimmel Live』からのオファーにはメンバー全員大喜び!しかもU2のバックコーラスですから、とんでもなく名誉なことです。

私たちが参加したのは『I Still Haven’t Found What I’m Looking For』という曲です。名曲ですね。

U2 – I Still Haven't Found What I'm Looking For (Official Music Video)

上記にもある通り、ハリウッドのエル・キャピタン劇場で番組収録が行われました。一人一人スタッフさんにIDを提示し会場に入ります。

私たちが歌うパートは収録当日に伝えられ、まずは私たちクワイアだけで練習を行いました。その後収録スタジオに入り、U2と一緒にリハーサルを行います。

私たちが会場に入ると既にU2のメンバーがスタンバイしていました。ボーカルのボノ(Bono)は私たち一人一人に声をかけてくれ、とても気さくで優しい人でした。

一通りリハーサルが終わると本番までしばらく待機。時間になると番組観覧のお客さんが入場し、収録が行われました。お客さんも一体になってとても盛り上がった楽しい収録になり、ほぼ1日がかりでしたがとても幸せな1日になりました!

Satoko
Satoko

↑片側の髪のみブリーチしていて全身黒い服を着ているのが私です😊
残念ながらスタジオ内での撮影はできませんでしたので、会場の外での撮影です。

さすが世界のエンターテインメントの中心ロサンゼルスですね。日本では想像もつかないような経験がたくさんできる場所です。この収録以外で特に大きかったイベントがこちら↓

出演イベントの例

・アメリカ最大の野外フェス『コーチェラ(Coachella)』の舞台でバックコーラスとして出演

デヴィッドボウイ追悼コンサートにてバックコーラスに参加

・ウォルトディズニーコンサートホールにて、The Gay Men’s Chorusのコンサートにゲスト出演

ルポールのドラァグコンでのゴスペルステージに出演

また、このゴスペルクワイアに日本人は私1人でしたので、アメリカでゴスペルを歌いたい方はもちろん、現地のコミュニティに身を置きたい方にもお勧めです。

このクワイアについては下記の『普通のアメリカ駐在妻がTOEIC960点を取れた秘訣』というnote記事の中に詳しく記載しましたので、詳細はこちらからどうぞ!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました