アメリカ駐在妻にボランティア団体への参加をおすすめする理由

アメリカ生活

こんにちは。Satoko(@satoko0829)です。

・駐在妻としてアメリカに住むことになったが、夫が働いている間何をすればいいか分からない

・現地で友達を作りたいが、どうやってアメリカ人と出会えばいいか分からない

・せっかくアメリカに住むのだから、アメリカ生活を充実させたい

今日はそんなお悩みを持つあなたにおすすめの【ボランティア団体への参加】についてお話しします。

Satoko
Satoko

私も夫の赴任でアメリカに5年住んでいた際にボランティア団体に所属していました。

なぜ【ボランティア】がおすすめなのか、私の実体験を元にお話ししていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ボランティアをおすすめする理由

アメリカ生活に少しずつ慣れてきて、英語もちょっと話せるようになってきた、さて、英語学習以外にも何かやりたいな、アメリカ人の友達も作りたいな・・・

現地のコミュニティに参加する方法はたくさんありますが、まずおすすめしたいのがボランティア(チャリティー)活動への参加です。

それはなぜか、理由を3つ説明します。

理由その1: 参加するハードルがとても低い

まず、ボランティアとは何なのか考えてみましょう。

当たり前ですがボランティアとは報酬の発生しない奉仕作業であり、自分の貴重な時間と労力を知らない誰かのために費やす行為ですよね。

つまり、『時間に余裕があり』、『お金に困っておらず』、何より『他人を思いやることができる』人が参加する団体、それがボランティアなんです。

そんな心に余裕のある方々が集まる団体であれば、あなたが外国人であるという理由で拒絶することなく、あなたがあまり英語が上手でなくてもとても歓迎してくれるので、安心して気軽に参加することができます。

理由その2:現地で働くことができない駐妻でもやりがいのある活動ができる

私のような駐在妻の方は、ビザや夫の職場の規定で就労が許可されていなかったり、英語で仕事をするのはハードルが高すぎる・・・という方が多いと思います。

かと言って、夫が働いている間家にこもっていたり、特に目標もなくだらだら過ごしたりしていると、日常がつまらなくなり、海外での生活に閉塞感を感じ、想像以上にメンタルがやられます。

しかしボランティア団体に参加すれば、お金は稼げなくても誰かの役に立つことができる、とてもやりがいのある時間を過ごすことができますよ。

理由その3:自分がアメリカ生活で困った時に頼れる人に出会える

先ほどお話しした通り、ボランティアに参加している方々は『いろんな意味で余裕がある』方々です。

そんな方々にとって私たち外国人は、『母国を離れ異国の地で外国語を使って生活しなければならない=苦労が多い』人であり、『何かできることがあれば助けてあげたい』存在なんですね。

つまり、私たちが何かアメリカ生活で困った時にも、相談に乗ってくれたりアドバイスをくれたり、役立つ情報を教えようとしてくれる優しい方がたくさんいるのがボランティア団体なんです。

実際私もアメリカ生活に活かせたたくさんの情報が、ボランティア団体のメンバーに教えてもらったものでした。本当に感謝しかありません。

もちろん下心だけで団体に参加するのはダメですよ!まず自分が人のために働くこと、人の役に立つために汗をかくことを忘れないでくださいね。

経験談『マフラーを編むボランティア団体に参加したら、無料で英語を教えてくれる家庭教師ができた話』

ここでは私の実体験をご紹介します。

私はアメリカに住んでいた時、DVなどから逃れた女性たちが避難するシェルターにマフラーやニット帽を編んで寄付する団体に参加していました。

シェルターに住む方々はDV夫に自分の居場所を知られてはいけないので(夫が連れ戻しにきてしまう為)ひっそりとシェルターで暮らしている方が多く、誰かからギフトを送られるという経験も少ないそうです。

そんな方々に寒い季節も暖かく過ごしてもらいたい、そして何よりあなた達の事を思っている人間がここにいることを忘れないでほしい、という思いでマフラーやニット帽を編みシェルターに寄付している団体でした。

さて、この団体は約20名ほど(遠方からマフラーや寄付金を送ってくださる方も含めればもっと多いですが)で活動していますが、その中に昔教師をしていたおばあさんがいました。

私はアメリカに引っ越してから1年も経たないうちにこの団体に参加しましたので、英語もまだまだ上手ではなく勉強中でした。

そのおばあさんは私のことをとても気にかけてくれ、私が英語を教えてあげる!と言ってくれたのです。

それから毎週私の家や図書館などに足を運び、私のレベルに合いそうな教材を持参し、私の英語を添削し、会話の練習もたくさんしてくれました。

私のことを思い、時間と労力を割いてくれることがとてもありがたかったです。

現地のコミュニティに参加できるレベルの英語力をつけておこう

ボランティア団体含め現地のコミュニティに参加するには、やはり最低限のコミュニケーションは取れるようにしておきたいですよね。

下記記事では駐在員・駐在妻に特化した授業を行なっている日本の英会話スクールを紹介していますので、これからアメリカに引っ越す方も既にアメリカに住んでいる方もぜひ参考にしてください。

(オンライン授業もあるので、既にアメリカに住んでいる方でも利用できますよ。)

》【駐在妻になる準備】駐妻に特化した英会話スクールで英語を学ぼう

まとめ

せっかくアメリカに住むのですから、アメリカでしかできない経験をたくさんして日々の生活を充実させたいですよね。

現地での友達づくりや英語の上達にボランティア活動への参加はとても気軽でおすすすめですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました