【世界一美しいアレブリヘに出会う旅】ハコボ&マリア・アンヘレスの工房を訪問しました

海外旅行

こんにちは。Satoko(@satoko0829)です。

突然ですが【アレブリヘ(アレブリヘス)】って知ってますか?ディズニー映画【リメンバーミー】でより知られるようになったワードですが、アレブリヘとはメキシコの民芸彫刻で、さまざまな動物をモチーフにしたとてもカラフルな柄の置物です。

死者の日のお祭りでも有名なメキシコのオアハカ州には、アレブリヘの村【サンマルティン・ティルカヘテ】があり、たくさんのアレブリヘの工房が軒を連ねているのですが、その中でもダントツに美しいアレブリヘを生み出しているのがハコボ&マリア・アンヘレス】の工房です。

写真を見ていただくと分かるのですが、とっても細かくて繊細な柄が描かれていますよね。

今回の記事はこの世界一美しいアレブリヘを生み出している工房【ハコボ&マリア・アンヘレス】を実際に訪問した時の記録です。

サンマルティン・ティルカヘテにタクシーで向かう

ハコボさんの工房はオアハカ州のサンマルティン・ティルカヘテという村にあります。

オアハカの中心街からタクシーで約50分南に走った位置にある小さな村で、たくさんのアレブリヘの工房が集まっている場所です。

私たちはオアハカの街中でタクシーを拾い村まで向かいましたが、タクシーの運転手はほとんど英語が話せませんでした。私たちもスペイン語は話せないため意思疎通に四苦八苦しましたが、なんとかサンマルティン・ティルカヘテの入り口まで辿り着く事ができました。

工房に行く前に、まずは【Azucena Zapoteca】というハコボさんの工房が経営するレストランでランチを食べます。

Azucena Zapotecaでランチ

このレストランはハコボさんの工房が経営するだけあってとにかく内装が可愛いです!店内はとても広々としていてテラス席もあるため、のんびりと食事をする事ができます。

とってもカラフルなレストランですよね。村の食材を使ったお料理はとても美味しく、私たち日本人の口にも合いました。

ハコボさんの工房がお目当てなのであれば、絶対に立ち寄っておきたいレストランです。

Azucena Zapoteca

・住所 Puerto Angel km 23.5, 71506 San Martín Tilcajete, Oax., Mexico

・営業時間8:30〜18:00(年中無休)

・HPhttp://azucenazapoteca.com/

また、私たちが訪問した時は、レストランすぐ横の広場でアレブリヘマーケットが開催されており、さまざまな作家さんのアレブリヘが販売されていました。作る人によって全く違う作風になっているので、眺めているだけでもとても楽しいですよ。

ハコボ&マリア・アンヘレスの工房へ

さて、レストランから工房までは少し距離があるので、トゥクトゥクに乗って工房まで向かいました。(距離は約2kmですので、のんびり村を眺めながら歩いて向かうこともできます。)

工房に着くとスタッフの方が迎え入れてくれ、工房内を案内してくれます。

Satoko
Satoko

工房のスタッフさんは英語が堪能な方が何人もいらっしゃるので安心です◎

どのようにして絵の具を作っているのかデモンストレーションも見せてくれます。

工房には大勢の職人さんたちがいらっしゃり、黙々と木を掘ったりペイントしたりしていました。

特に柄のペイントはとても細かく、見ているだけで気が遠くなりそうな作業です。

壁の棚にはペイントされる前の動物たちがたくさん並んでいました。形を彫ったら何ヶ月も乾燥させてから色を塗るそうです。

2階のギャラリーや中庭もとても美しく、ゆっくり眺めているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

もちろん工房内にはショップもあり、アレブリヘを購入することができます。

ハコボさんの工房のアレブリヘは小さいものでも数万円するのですが、その美しさを実際に見れば納得のお値段です。

私の友人もアレブリヘを一体ご購入。私はというと、愛犬をモチーフにしたアレブリヘをオーダーしたい!と思い、後日改めて工房に連絡することにしました。

実際に日本からアレブリヘを特注した話はこちら↓

Jacobo & María Ángeles

・住所 Libres 5, Col. Centro, 71506 San Martín Tilcajete, Oax., Mexico

・営業時間 8:00〜18:00(年中無休)

・HPhttps://jacoboymariaangeles.com/?lang=en

映画【リメンバーミー】と工房の関係

このハコボさんの工房は実はディズニー映画【リメンバーミー】とも大きな関係があります。映画の制作スタッフは何度もメキシコに足を運びオアハカも取材していたそうですが、なんとこの工房には主人公ミゲルのおばあちゃんのモデルになった方がいらっしゃるんです!

スペイン語なので何を話しているか詳しくは分かりませんが、こちらの動画で紹介されています↓序盤で工房を取材しているので、ぜひご覧になってください。

COCO en la vida REAL / Memo Aponte

とても明るく可愛いおばあちゃんですね^^

また、ワンちゃんのダンテのモデルになったのは『ショロ犬』と呼ばれるメキシコ固有の無毛種のワンちゃんなのですが、この工房でもそのワンちゃんが飼われていました。(上の動画にも出てきますよ。)

まとめ

メキシコを旅するまでアレブリヘのこともハコボさんのことも全然知らなかった私ですが、市街地からちょっと足を伸ばしてハコボさんの素晴らしい工房を訪れる事ができ、本当によかったと思います。ハコボさんのアレブリヘを教えてくれ、一緒に旅をしてくれた友人には感謝でいっぱいです。

また、死者の日(11/2)のオアハカを訪れると、まさにリメンバーミーそのままの世界が広がっています。オアハカを旅するならぜひ死者の日に合わせて訪問してくださいね◎

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました