【宿泊記ブログ】東京ステーションホテルで非日常な贅沢ステイを

こんにちは。Satoko(@satoko0829)です。

今回は東京駅の建物内にあるラグジュアリーホテル【東京ステーションホテル】をご紹介します。

東京ステーションホテルは、美味しい朝食・上品でオシャレな客室・東京駅に泊まる非日常体験が魅力のホテルです。

東京のホテルの中でもかなり人気のホテルですので、宿泊を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

↓東京ステーションホテルの予約はこちら!↓

目次

東京ステーションホテルにチェックイン

東京ステーションホテルは東京駅の建物内にあるホテルで、丸の内側(皇居側)の改札を出て駅の外側に行くとメインの入り口があります。

Satoko

東京在住の方には見慣れた景色ですが、実はこの赤煉瓦の2・3階に見える窓は全てホテルの客室だとご存知でしたか?
東京駅の建物内に泊まることができるなんて、ワクワクしますよね!

入り口を入るとすぐ正面にフロントがありますので、こちらでチェックインを行い、お部屋に向かいます。

東京ステーションホテルの部屋

東京ステーションホテルのお部屋は大きく分けて8種類あり、最大宿泊可能人数は3名です。(←本記事で紹介する部屋

部屋名広さ人数特徴
クラシック23〜47㎡1〜2名クイーン/ツイン
眺望なし
シティービュー26〜40㎡1〜2名キング/クイーン/ツイン
丸の内の街並みの眺望
サウスウィング40〜50㎡1〜2名ツインのみ
丸の内の街並みの眺望
ドームサイド30〜44㎡1〜2名キング/ツイン
全室3.9mの天井高
駅舎ドームの眺望
パレスサイド34〜45㎡1〜3名キング/ツイン
丸の内の街並みの眺望
メゾネット65㎡1〜2名キング/ツイン
二階建ての部屋
丸の内の街並みの眺望
ジュニアスイート58㎡1〜2名キング/ツイン
駅舎のほぼ中央の部屋
丸の内と皇居の眺望
パレスビュー40〜55㎡1〜2名キング/ツイン
駅舎のほぼ中央の部屋
丸の内と皇居の眺望
Satoko

各カテゴリーの中でもお部屋の広さや天井の高さに違いがあります。
また、3人で泊まることができるのはパレスサイドのパレスサイドデラックスツインというお部屋のみです。

本記事では【パレスサイド スーペリアツイン】をご紹介します。

エレベーターを降りたらとても美しく長い廊下を歩き、お部屋に向かいます。

廊下のランプや飾られた絵画がとても素敵でした。

お部屋の作りはスタンダードなホテルの作りで、ドアを開けると手前にバスルーム、奥にベッドルームがあります。

ベッドが2台、丸テーブル、チェアが2脚、さらにデスクと椅子もありました。

天井からはシャンデリアが吊り下がっており、豪華な雰囲気を演出しています。

チェアはふかふかで座り心地がとてもよかったです。

壁の大きな鏡やベッドのヘッドボードもとても高級感があって素敵ですよね。

お部屋の窓からは駅前の広場や丸の内の街並みを眺めることができます。

バスルームは洗面台・浴室・トイレが別々になった3点独立タイプ。

浴室にはバスタブもありますので、のんびり優雅なバスタイムが堪能できますよ。

Satoko

東京ステーションホテルで人気があるのは駅のドームの内側が見えるドームサイドですが、人気のためすぐに満室になってしまうことがほとんど。
ただし、もしドームサイドに泊まれなくても、ホテルの廊下側に作られたアーカイブバルコニーという小部屋からもドームを間近に眺めることができます。
ソファなども置いてあってくつろげる空間ですので、ぜひ行ってみてくださいね。

東京ステーションホテルのアメニティ・備品

東京ステーションホテルのお部屋に用意されているアメニティ・備品をご紹介します。

バスルームに用意されているシャンプー・コンディショナー・シャワージェル・ボディーローション・石鹸は、ホテルがイストワール ドゥ パルファンとコラボしたオリジナルアメニティです。

ボトルの側面は東京駅らしく切符を象ったデザインが施されているのがポイントです。

他にも、歯ブラシセット・スキンケアセット・カミソリ・ボディタオル・コットン・綿棒・ヘアブラシと、必要なものはほぼ揃っています。

ルームウェアとバスローブも用意されており、ルームウェア(パジャマ)はワンピースタイプ。

はだけるのが気になる方はパジャマの持参をおすすめします。

デスクにも東京ステーションホテルらしいアメニティがあります。

デスクの引き出しにはホテルオリジナルのステッカーが入っており、デスクの上のメモ帳は原稿用紙のデザイン!レトロ感がたまりません。

ミニバーには電気ポット・ミネラルウォーター・日本茶・紅茶・ドリップコーヒーがありました。

アルコールやスナックなども有料ですが用意されています。(写真を撮り忘れてしまったので下記ツイートも併せてご参照ください。)

アメニティ・備品一覧

ドライヤー・アイロン&アイロン台・傘・タオル・バスローブ・シャンプー・コンディショナー・シャワージェル・ボディローション・石鹸・スキンケアセット・歯ブラシセット・カミソリ・シェーブローション・ボディタオル・シャワーキャップ・コットン・綿棒・ヘアブラシ・パジャマ・スリッパ・電気ポット・体重計・ドリップコーヒー・日本茶・紅茶・ミネラルウォーター・アルコール類(有料)・スナック類(有料)・テレビ・金庫

東京ステーションホテルの朝食(アトリウム)

東京ステーションホテルに泊まる醍醐味の一つがゲストラウンジ【アトリウム】で食べる豪華な朝食ビュッフェです。

アトリウムはホテル4階にあるとても広々とした天井の高いラウンジで、駅舎創設当時の大正3年から残る赤レンガが特に見どころです。

ビュッフェはとっても豪華で、和食・洋食・デザートとかなりの品数です。

しかも一つ一つ小皿に取り分けられており蓋までついているので、見栄えだけでなく感染対策もばっちりなのがありがたいですよね。

和食も洋食も食べたくてついつい欲張ってしまいました。

上の写真2枚目の手前に写っているのは、アボカドにスモークサーモンとエッグベネディクトが乗ったもので、朝食の人気メニューだそうです。

シェフの方にオーダーすると作ってくれ、席まで持ってきてくれます。

最後にデザートもしっかり食べて、大満足の朝食になりました。

こちらのラウンジは朝食だけでなくディナーでの利用も可能です。

ただしディナーは予約必須なので利用する際はご注意ください。

アトリウム
朝食6:30~11:00 (10:30 L.O.)
ディナー17:00~21:00 (20:00 L.O.) ※予約のみ

東京ステーションホテルのロビーラウンジ

東京ステーションホテルの一階、フロントに向かって右手にあるロビーラウンジもとても素敵なのでお勧めです。

こちらのラウンジは、ソファーのクッションや椅子の差し色が目を引く、おしゃれで広々とした店内です。

こちらのロビーラウンジでは、朝食・ランチ・カフェ・ディナーと一日中利用することができるのも嬉しいところ。

私は今回ティータイムにケーキと紅茶をいただきました。

紅茶はとても可愛いポットとカップで提供され、ホテルのロゴが入ったポットカバーをかけてくれます。

ケーキはとても濃厚で美味しく、フルーツと共に綺麗に盛り付けられたプレートは食べるのがもったいないほどでした。

人気メニューのフレンチトーストも、次回は食べてみたいなと思います。

出典:東京ステーションホテル公式ページ

こちらのロビーラウンジは宿泊者でなくても利用することができますので(予約推奨)、ぜひ一度ロビーラウンジの美味しい食事を味わってみてくださいね。

ロビーラウンジ
営業時間平日・土・祝前日 8:00~22:00 (21:30 L.O.)
日・祝 8:00~20:00 (19:30 L.O.)

※当面の間は短縮営業です
月~木・日・祝日 8:00~20:00 (19:30 L.O.)
金・土・祝前日  8:00~21:00 (20:30 L.O.)
TEL03-5220-1260
席数76席
ネット予約一休レストラン

東京ステーションホテルのクチコミ

Satoko

たくさんのクチコミを読みましたが、朝食の豪華さ、東京駅を改装した美しい内装、東京駅に泊まるというスペシャルな体験について言及されている方が多かったです!

東京ステーションホテル 概要

ホテル名東京ステーションホテル
住所〒100-0005東京都千代田区丸の内1-9-1
電話番号03-5220-1111
チェックイン15:00 (最終チェックイン:29:30)
チェックアウト12:00
客室数150室
アクセスJR東京駅丸の内南口直結
Wifi無料
駐車場あり(2,100円/泊) 予約不可
コインランドリーなし
ルームサービスあり

まとめ

良かった点

・歴史的価値の高い東京駅の建物に泊まれる
・朝食が豪華で美味しい
・クラシックで上質なインテリアが美しい

気をつけたい点

・人気のドームサイドに泊まるならできるだけ早めに予約する必要あり

東京ステーションホテルは、あの美しく歴史のある東京駅に泊まるというとても貴重な体験ができる素晴らしいホテルでした。

優雅で満足度の高い時間を過ごすことができますので、頑張った自分へのご褒美や記念日のお祝いにおすすめですよ。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

↓東京ステーションホテルの予約はこちら!↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

旅が好き。ホテルステイが好き。
フランスに1年、アメリカに5年居住歴あり。
訪れた国は現在24カ国。
国内外のオススメ旅行や、旅に役立つ情報、アメリカ生活について発信していきます。

コメント

コメントする

目次