【宿泊記】NIPPONIA鞆 港町で贅沢な古民家ステイを(旅のサブスクHafH利用)

国内旅行

こんにちは。Satoko(@satoko0829)です。

今回は広島県福山市にある、センスのよい古民家宿【NIPPONIA鞆 港町】を紹介したいと思います。

小さな港町【鞆の浦】にある古民家や元保命酒の店舗を利用し、古い建物の良さを残しつつ贅沢で唯一無二な体験を提供してくれるニッポニア。

素敵なお部屋はもちろん、家守のお二人もホスピタリティに溢れる素晴らしい方々で、涙が出るほどのいい滞在になりましたので、隅から隅までご紹介しようと思います。

Satoko
Satoko

ちなみに今回の滞在はHafHを利用して予約しましたので、そちらの情報についてもシェアしたいと思います。

それでは【NIPPONIA鞆 港町】宿泊レポ、スタートです!

【NIPPONIA鞆 港町】の予約はこちら → 一休.com / じゃらん / Relux / HafH

チェックイン

【NIPPONIA鞆 港町】のフロントは、元々保命酒の店舗だった建物を改装しフロントとして使用しているため、一目では宿のフロントだと分かりません。

普段はニッポニアのマークの暖簾が飾られているのですが、私がチェックインした日は雨が降っていたためか暖簾がかかっておらず、本当にここがフロントなのか何度もGoogleマップを確認したほどです。

中に入り呼び鈴を鳴らすと家守の方が出てこられました。

チェックアウト時に撮った写真。とても趣ある外観です。

荷物を預けようと14時ごろに伺ったのですが、そのままチェックインをさせてもらえました。(通常チェックインは15時。)

チェックインをしながら鞆の浦の特産保命酒とお茶をいただきます。

フロントの隅では小さな喫茶店も営まれており、とても素敵な家具や置物で構成されていました。

チェックインが済むと、本日泊まるお部屋まで車で連れて行ってくれます。

泊まった部屋

【NIPPONIA鞆 港町】には全部で6つのお部屋があり、全て内装が異なります。

フロントの2階部分に位置するお部屋が2部屋で、残りの4部屋はフロントから徒歩10分ほど離れた場所にあります。

部屋一覧

()内は最大宿泊可能人/広さ

・客室101 問屋 (3人/41㎡) セミダブルベッド2台/檜風呂

・客室102 御籠 (2人/54㎡) クイーンサイズダブルベッド2台/五右衛門風呂

・客室201 書院 (3人/79㎡) セミダブルベッド2台/檜風呂

客室202 広縁 (2人/68㎡) セミダブルベッド2台/五右衛門風呂 ←泊まった部屋

・客室301 海庭 (4人/68㎡) セミダブルベッド2台、クイーンサイズダブルベッド1台/檜風呂

・客室302 箱庭 (4人/68㎡) クイーンサイズダブルベッド2台/五右衛門風呂

※最大宿泊可能人数について…公式ページと一休.comを比較してみたところ、表記が異なる部屋がありました…ので、実際に予約システムが稼働している一休.comの情報を掲載しています。

※火〜木は定休日となりチェックインができませんのでご注意ください。

今回私たちが泊まった部屋は【広縁(ひろえん)】というお部屋で、元内閣総理大臣の宮澤喜一さんの別荘だった家屋です。

私たちはHafHを利用して予約したため当日までどの部屋になるか分かりませんでしたが、一番気になっていた宿のアイコン的なお部屋を割り当ててくださいました。

リビング・ダイニングルーム

中央のお部屋にはダイニングテーブルとローテーブルにソファーが2台あります。このお部屋は高台にあり、お部屋から鞆の浦の港を一望できます。広縁という名の通り、広々とした縁側が特徴ですね。

ダイニングにはミニバーもあります。詳細は後ほどアメニティの項目で紹介いたします。

ベッドルーム

ベッドルームは畳のお部屋で、セミダブルベッドが2台あります。ベッドリネンとパジャマはなんとデニム!(とても柔らかく肌触りがよいです。)

ベッドルームから見える庭の景色も素敵です。

バスルーム

このお部屋の大きな特徴の一つが五右衛門風呂です。といってもお湯張りはボタン一つ!現代式の五右衛門風呂でした。

シャワーもちゃんとついてますのでとても快適に使えますよ。アメニティーについては次の項目で。

このお部屋には広々とした庭もついています。庭にはテーブルと椅子がありますので、天気が良い日はお庭でティータイムもよいですね。

Satoko
Satoko

写真2枚目の右半分は【書院】のお部屋です。1軒の古民家を2部屋に分けてあるんですね。2階部分は【書院】のお部屋の一部ですよ。

アメニティ・設備

お部屋に準備されているアメニティを紹介します。まずはミニバーから。

和紅茶と緑茶、コーヒー豆、お水は大瓶が2本(1本は冷蔵庫)。コーヒー豆は手動のミルで挽きます(挽き方が書かれた紙が置いてありますのでご安心ください)。

ルームウェア(パジャマ)は着心地のよいデニム生地で、左に置いてある小さいアイテムは靴下です。男性用(大きいサイズ)は上下の濃淡が逆になっていました。

バスルームのアメニティも一通り揃っています。シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・ハンドソープ・歯磨きセット・コットンセット・スキンケア用品までありました。

また、ベッドルームにはアロマスプレーも置いてありました。とてもいい香りに包まれて快適な睡眠を取る事ができましたよ。

アメニティ・備品一覧

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ハンドソープ・アロマスプレー・タオル・バスタオル・ハミガキセット・ドライヤー・ナイトウェア(パジャマ)・スリッパ・化粧水・乳液・メイク落とし・綿棒・コットン・湯沸ポット・冷蔵庫・ミニバー(コーヒー・お茶・水)

朝食

【NIPPONIA鞆 港町】自体にレストランはありませんが、朝食は2種類から選ぶ事ができます。

一つは【みなと夢ごこち】というレストランでいただく朝食で、もう一つはお部屋で食べる【あこう屋】のお弁当です。

今回私はお部屋食を選びました(1名3,300円)。時間は8時固定で支配人のお二人がお部屋までお弁当を運んでくれ、テーブルにセッティングしてくれます。

NIPPONIAのロゴが入っているだけでもワクワクしますが、蓋を開けるとこんなに綺麗でカラフルなお弁当が現れました!

この日のメニューはこちら↓

どの料理も本当に美味しくて、いまいちなものは一つもありませんでした。どれも地元の食材を使用しているのがとても魅力的ですよね。

ちなみに夕食付きのプランもあります。夕食は【衣笠】というレストランでいただくそうですよ。

食事をオプションで追加する場合はチェックインの5日前までとなりますのでご注意ください。

高いホスピタリティ

上記の通り、文句のつけようがない素晴らしいお部屋や食事を提供してくれた【NIPPONIA鞆 港町】ですが、高いホスピタリティにも触れておきたいと思います。

【NIPPONIA鞆 港町】はご夫婦が家守として運営しておられますが、お二人ともとても物腰柔らかく人柄の良い方で、チェックインからとても暖かい対応を受けました。

鞆の浦の街についてとても丁寧に説明してくださり、宿泊中の色々なことについて提案してくださるので、あまり下調べができていなくても鞆の浦を満喫することができます。

また、私たちがチェックインした日は稀に見る大雨だったのですが、『雨のせいで十分に楽しめなかったかもしれないので』と、ホテルで販売されている鯛の佃煮をチェックアウト時にお土産に手渡してくれました。その優しい心遣いにとても感動しました。

チェックインからチェックアウトまで、お二人のおかげでとても満足度の高い宿泊になりました。

【NIPPONIA鞆 港町】に宿泊される際は、ぜひ家守のお二人との会話も楽しんでくださいね。

奥様の写真を撮らせていただきました。

【NIPPONIA鞆 港町】予約方法

【NIPPONIA鞆 港町】を予約する方法は現時点で4種類あります。公式ページにも『予約』ボタンがあるのですが現在そちらから予約ができないようなので、私が確認できた4種類を紹介します。

一休.comで予約 → ダイヤモンド特典あり

じゃらんで予約

Reluxで予約

HafHで予約(1名:800コイン/2名:1300コイン)→HafHの登録はこちら

ホテル概要

info

【NIPPONIA鞆 港町】

住所 〒720-0201 広島県 福山市鞆町鞆595

TEL 070-1458-7743

アクセス JR福山駅南口からバスで約30分

部屋数 6室

特徴 古民家や元保命酒の店舗をリノベした美しい贅沢宿。WiFi・駐車場あり。チェックインは15:00〜18:00、チェックアウトは10:00。火〜木は定休日。

まとめ

いかがでしたでしょうか。一般的なホテルと違い古い家屋の良さをそのままにリノベし快適空間を提供する【NIPPONIA鞆 港町】の宿泊は、忘れられない特別な滞在になりました。

小さな港町鞆の浦の街並みもとてもノスタルジックで素敵なので、宿だけでなく街全体をぜひ堪能してくださいね。(鞆の浦の観光スポットはこちらの記事をどうぞ。)

最後にお部屋で撮ったお気に入りの写真をいくつか載せて終わりにしたいと思います。それでは、素敵なNIPPONIA体験を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました