【宿泊記】2021年10月オープン!金沢の新ブティックホテル『香林居』に泊まってきました。

国内旅行

こんにちは。Satoko(@satoko0829)です。

今回は、2021年10月にオープンしたばかりの金沢のブティックホテル【香林居】を紹介したいと思います。

古くからあるギャラリーの建物をリノベしたホテルで、元々のアーチ状の窓枠を生かしてホテル内の至る所にアーチ・曲線が使用されており、とても珍しいデザインのブティックホテルです。

香林坊の街中にあり立地が良く、兼六園や21世紀美術館は徒歩圏内。屋上には貸切のサウナ・露天風呂があり、香林坊の街並みを眺めながら極上のサウナ体験をすることもできます。

それでは見どころ満載の【香林居】宿泊レポ、スタートです!

チェックイン

香林居は香林坊の大通りに位置するホテルで、金沢駅からタクシーもしくはバスでアクセスすることができます。(駐車場はありません。)

珍しいアーチ型の窓枠が目印です。

入り口を入ると1階には蒸留設備があり、精油の精製を行っているとのこと。

ホテル内で使用されているアメニティなども販売されています。

チェックインカウンターへはエレベーターを使用して2階へ。

ウェルカムドリンクのお茶をいただきながらチェックインを行います。

お部屋について

香林居は10階建て、部屋数は18室のみのこぢんまりとしたホテルです。

お部屋の種類は6種類で、最大4人まで宿泊することができます。

部屋タイプ一覧

()内は最大宿泊可能人/広さ

・スタンダード (2人/24㎡) クイーンベッド1台

シティビュー (2人/37㎡) キングベッド1台 ←泊まった部屋

・ハイフロアシティビュー (3人(大人は2人まで)/45㎡) キングベッド1台

・スーペリア (4人/44㎡) クイーンベッド2台

・デラックス (4人/51㎡) クイーンベッド2台

・ハイフロアスイート (4人/62㎡) キングベッド2台/サウナ付き

シティビューとハイフロアシティビューは、窓から香林坊の街や金沢城跡などの景色が楽しめるお部屋です。私たちは今回シティビューに宿泊しました。

ドア横の壁にあるルームナンバーのプレートは九谷焼です。

ドアを開けるとまずオープンクローゼットがあり、ルームウェア(パジャマ)も準備されています。

初見では着方がわかりにくいので、一着は見本として既にハンガーにかかっています。(着た感じは写真3枚目をご参照ください。)

関連記事:【女子旅におすすめ】可愛い・おしゃれなパジャマがあるホテル10選

靴を脱いでスリッパに履き替え部屋の中へ。入り口近くにはミニバーがあり、ベッドルームにはキングベッドが1台設置されています。

壁がアーチ状にくり抜かれていてとても素敵です。

その奥にテーブルとソファのあるリラックススペースがあり、左手には洗面台とバスルームがありました。

観葉植物とレースカーテンがお部屋のオシャレ度をアップさせています。

部屋のベースカラーはグレーと白。天井はコンクリート剥き出しで、クールな印象の室内でした。

アメニティ・設備について

お部屋に準備されているアメニティ・設備についてご紹介します。

まずバスルームには、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ。

杉の蒸留水もあり、1瓶まるまる浴槽のお湯に入れることで杉の香りを嗅ぎながらゆったりリラックスしてバスタイムを楽しむことができます。

洗面台には歯ブラシ・グラス・ボディークリーム・ハンドソープがあり、洗面台下の棚にドライヤーが収納されていました。

化粧水類・コットン/綿棒・コーム・剃刀・ヘアアイロン・ズボンプレッサーは申告制となっており、チェックインの際にスタッフの方から確認があります。

私は化粧水類とコットン/綿棒とコームをいただきました。

ミニバーにはミネラルウォーター、ティーバッグが二種類(台湾紅茶とハーブティー)、お茶菓子が用意されています。

冷蔵庫の中のミネラルウォーター以外は有料です。

部屋にテレビは設置されておらず、代わりにプロジェクターがありました!

YoutubeやPrime Videoなど動画配信サービスを壁に映し出して見ることができますよ。

ルーフトップサウナについて

香林居の最上階にはなんと貸切のサウナスペースがあります。今回私たちはチェックイン前の時間を予約し利用しました。

ルーフトップサウナの利用時間は1枠80分、利用料は1組7,480円です。

香林居のチェックイン開始時間は16時と遅めなので、サウナは15時の枠を予約し、チェックイン前から香林居を楽しむことができました。

Satoko
Satoko

必須ではありませんが、サウナでは水着の着用が推奨されています。(透明なガラス張りなので、露天風呂はお向かいの建物から見えそうだなと思いました。)

水着を乾かす時間もあった方がいいと思いますので、チェックアウト日より前の予約をおすすめします!

室内にはシャワールーム・洗面台・脱衣所兼休憩スペース・サウナがあります。

クーラーボックスにはミネラルウォーターとアイスキャンディーが入っており、自由にいただくことができます。

サウナ内では本格ロウリュが楽しめます。1階の蒸留施設にて生成された杉の芳香蒸溜水を少しずつかけ、いい香りの蒸気を浴びながらサウナを体験できます。

そして外には露天風呂とチェアが2脚。水風呂とお湯風呂が一つずつあり、中央には掛け湯が流れ出していました。

私たちが宿泊したのは11月中旬。ちょうど紅葉が綺麗な時期で、紅葉を眺めつつ露天風呂に入ったり外気浴をしたりする時間は本当に至福のひとときでした。

ラウンジについて

香林居のフロントがある2階はラウンジスペースにもなっており、ソファやテーブルがいくつもありますので、ゆっくりと過ごすことができます。

また、ラウンジではフリードリンクのサービスも。時間帯によっていただける飲み物が変わります。

私が宿泊した際のメニューはこちら↓

私たちは1日目の夜と2日目の朝食後にラウンジを利用させてもらいました。

夜にいただいたのはエルダーフラワーティーソーダと、八角と桃のシロップジュース(ソーダ割り)。

前者はさっぱりとしていてほんのり甘く、後者は八角のクセがほどよく効いていて初めて体験する味でした!どちらもとても美味しかったです◎

朝は二人ともコーヒーをいただきました。『townsfolk coffee』の豆を使用しているとのこと。

苦味はあまりなく、紅茶のようなコーヒー?という感じでした。

後から調べてみると、浅煎りコーヒー専門店だそうです。

ラウンジにはちょっとしたライブラリーもあり、気になった本はお部屋に持って帰って読むこともできます。

ライブラリーはもう一つ別階にもあり(写真2枚目↓)、そちらも可愛かったのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。

朝食について

香林居の地下には【Karch】というレストランがあり、そちらで台湾スタイルの朝食をいただくことができます。

朝食の時間はチェックインの際に希望の時間を選びます。メニューは写真の通り↓

メインのお粥は3種類あり、好きなお粥を選びます。私たちは台湾粥を選びました。

想像よりも味がしっかりしていてとっても美味しかったです!デザートの豆花もほどよく甘くて◎

レストランのデザインもとても素敵で、優雅な気分で朝食をいただくことができました。

香林居の予約方法

香林居を予約可能な大手旅行サイトは楽天トラベル一休.comYahoo!トラベルがあります。

楽天トラベルのクーポン一覧はこちら

上記でお部屋を予約した後ルーフトップサウナの予約も追加したい方は、下記ページから予約することができます。

香林居【ルーフトップバス&サウナ】を予約する

まとめ

オープン前からホテル好きの間で話題になっていたデザイン性の高いブティックホテル【香林居】。

館内のデザインの希少さだけでなくホスピタリティや料理のクオリティの高さ、さらには香林坊の街をホテルにいながら楽しめるとても素晴らしいホテルでした。

今後どんどん人気が高くなると思われますので、ぜひ今のうちに香林居の世界感を体感してきてくださいね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

info

香林居

住所 〒920-0981 ​石川県金沢市片町1丁目1-31

TEL 076-209-7766

最寄駅 -金沢駅より車で約10分 – 「香林坊1・3」バス停より徒歩1分

部屋数 18室

特徴 工芸品ギャラリーの建物をリノベーションしたブティックホテル。モノトーンでまとめられ、アーチ・曲線を多用したデザイン性のある部屋。ルーフトップサウナ・アイソレーションタンクあり。レストランは朝食のみ提供。

コメント

タイトルとURLをコピーしました