【体験レポ】アマン東京で優雅なアフタヌーンティーをいただいてきました

国内旅行

こんにちは。Satoko(@satoko0829)です。

今回はアマン東京でいただいたアフタヌーンティーについて詳しくレビューしていこうと思います。

Satoko
Satoko

アマン東京アフタヌーンティーの予約はこちらから!

ラウンジへのアクセス

アマン東京は大手町タワーの最上部にある都市型ラグジュアリーホテルで、アフタヌーンティーは33階の【ザ・ラウンジbyアマン】でいただく事ができます。

ホテルinfo

アマン東京 (Aman Tokyo)

・住所 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目5−6 大手町タワー

・アクセス 東京メトロ大手町駅より直結/JR東京駅 丸の内北口より徒歩5分

・特徴 世界各地にホテルを構える高級リゾートホテルグループ、アマンリゾーツのひとつ。アマンの中では珍しい都市型ホテルで、眺望とスタイリッシュなデザインが特徴。

アマン東京の入り口は少しわかりづらいのですが、大手町タワーの西側サイドに回るとメインエントランスがあります。

1階にスタッフの方がいらっしゃるのでアフタヌーンティーを予約している旨を伝え、エレベーターで33階のフロアに上がると【ザ・ラウンジbyアマン】に到着します。

アフタヌーンティーのメニュー

アフタヌーンティーのメニューは季節によって変わります。(下記の写真は2021年4月のものです。最新のメニューはこちらからご確認ください。)

私がいただいたのはいちごのアフタヌーンティーで、最初にウェルカムドリンクのシャンパンエスプーマ(いちご味)をいただいたあと、セイボリーやスイーツが乗った3段トレーが運ばれてきました。(写真は2人分です。)

上段にはいちごのパフェ、中断にはタルトが4種類、下段にはサンドイッチや鴨のロースト・大福などが並んでいました。

さらにスタッフの方が持ってきてくださるボックスにもスイーツやフルーツが詰め込まれており、こちらからもそれぞれお好きなものを2種類ずつ選ぶ事ができます。宝石箱とはまさにこのこと!

そして最後にスコーンが2種類と、クロテッドクリーム・ジャムが出されました。スコーンは冷めないうちに食べるととっても美味しいですよ。

また、ドリンクについてですが、約30種類のティー・コーヒーの中から好きなものをオーダーする事ができ、時間は2時間制となっています。

一つだけ残念な点。ドリンクは『飲み終わってから次のドリンクをオーダーしてください』と言われますが、ホットティーをオーダーするとポットで提供されるため結構な量があり、なかなか飲み終わらないんですよね…いろんな味を楽しみたいので、ポットではなくカップで提供して欲しいなぁと思いました。

Satoko
Satoko

アフタヌーンティーのメニューは季節によって頻繁に変わりますので、変わる度にまた食べに行きたくなってしまいますね。

夏にいただいたアフタヌーンティーの写真も参考程度に置いておきます。

アフタヌーンティーの値段・予約方法

アマン東京のアフタヌーンティーは7,464円(税・サービス料込み/2022年4月現在)です。

上記の金額はティー・コーヒーなどのノンアルコールドリンクのみですが、90分のシャンパンフリーフローがついたコース(16,319円)もあります。

予約は公式ページ、もしくは一休レストランから。電話でも予約可能です。(レストラン予約→ 03-5224-3339)

Satoko
Satoko

一休レストランを利用するとポイントがどんどん貯まるのでお勧めです◎

予約可能時間は11:00〜17:00ですが、アマン東京のアフタヌーンティーは人気が高く予約が埋まりやすいため、日程と時間が決まったら早めに予約する事をおすすめします!

まとめ

アマン東京 アフタヌーンティー

・レストラン ザ・ラウンジbyアマン

・予約 電話予約→03-5224-3339/ネット予約→公式ページ一休レストラン

・料金 コースのみ 7,464円/コース+シャンパンフリーフロー 16,319円(2022年4月現在)

・特徴 眺望の良い高層階のラウンジ/約30種類のドリンクセレクション

ラグジュアリーホテル界の中でも熱狂的なファンが多いアマンリゾーツなだけあり、ラウンジ内の雰囲気も眺望もアフタヌーンティーの豪華さも一級品でした。

ぜひアマン東京のアフタヌーンティーで、忙しい日常を忘れ優雅なひとときを過ごしてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

☆アマン東京宿泊記はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました