【アマネム宿泊記】美しい英虞湾を望む三重県の憧れ宿アマネムに泊まってきました

国内旅行

こんにちは。Satoko(@satoko0829)です。

三重県の南の端、伊勢志摩にあるラグジュアリーホテル【アマネム】に泊まってきました。

アマネムは世界各地にリゾートホテルを展開するアマンリゾーツのひとつで、美しい自然と建築美が調和した唯一無二のホテルです。

今回はそんな素敵な宿アマネムの魅力を宿泊記とともにお伝えしていきたいと思います。

アマネムを予約する一休.com / Yahoo!トラベル

アクセス・チェックイン

アマネム最寄りの駅は近鉄志摩線の終点【賢島駅】で、駅〜アマネム間はホテルのスタッフの方が専用車で送迎をしてくれます。

ただ、事前に到着時間がわかれば早めにお迎えの予約をしておけるのですが、私たちは電車に乗ってからホテルに到着時間を連絡したため、その時間はアマネムの専用車が全て埋まっているとのことでした。(チェックイン開始時間近くだったため混み合ったのだと思います。)

駅でアマネムの車をしばらく待つか、一般のタクシーを使うか(料金はアマネムが支払ってくれます)提案されたので、私たちは一般のタクシーでアマネムに向かいました。

警備員の方に名前を告げるとゲートが開き、ホテルのロビー棟前までタクシーで入ります。

ロビー棟ではスタッフの方からご挨拶と簡単にアマネムの説明をいただき、ウェルカムドリンクをいただいた後カートに乗って宿泊するお部屋へ向かいました。

お部屋の説明をしていただいた後にチェックイン手続きや食事の時間の予約などを行いました。苦手食材やアレルギーのある食材なども細かくヒアリングしてくれます。

Satoko
Satoko

先程の送迎についてスタッフの方から、行きはタクシーになってしまったのでチェックアウトの際はぜひアマネムの専用車に乗っていただきたい、優先的に車を手配するのでチェックアウト時間が分かり次第教えてほしい、と言っていただきました。

徹底したホスピタリティーにも感動です・・・。

泊まったお部屋

今回私たちが宿泊したお部屋はモリスイートで、アマネムのお部屋の中で一番価格の安いお部屋です。

部屋タイプ一覧

()内は最大宿泊可能人/広さ

・モリスイート (3人/99㎡) ガーデンビュー ←泊まった部屋

・ソラスイート (3人/99㎡) 英虞湾が部分的に見える

・ナギスイート (3人/99㎡) 英虞湾が一望できる

・モリヴィラ (6人/366㎡) プライベートガーデン付き

ツキヴィラ (6人/381㎡) プライベートの温泉棟付き

ソラヴィラ (6人/366㎡) 英虞湾が部分的に見える・プライベートガーデン付き

・ナギヴィラ (6人/366㎡) 英虞湾が一望できる・プライベートガーデン付き

※ヴィラは全て2ベッドルームですが、モリヴィラとツキヴィラは1ベッドルーム(3名まで)として予約することも可能になっています。(一休.com参照)

スイートとヴィラそれぞれ眺望の違いによってグレードが分かれており、私が予約したモリスイートはガーデンビューの(海は見えない)お部屋としてカテゴライズされています。

がしかし、実際にお部屋から見えた景色がこちら。

英虞湾が見えてる・・・なぜ!?!?

なんとお庭の木を剪定する際に切りすぎてしまったらしく、モリスイートであるこのお部屋からも海が見えるようになったそうです笑

本来ならお部屋のグレードを一つあげるべきお部屋なんですが、とスタッフの方が笑いながら話してくれました。そんなラッキーなお部屋をアサインしていただきありがたい。。。

さてお部屋の内装ですが一番安いお部屋とは言え99㎡ありますので、とっても広々としています。

中央にベッドがありベランダ側にはデイベッドとデスク、逆サイドにはダイニングテーブルともうひとつデイベッドがあります。ちょっとしたお庭もついていました。

ベッドの正面にテレビがありその下がミニバーです。デスクも立派でお仕事に集中できそう。

バスルームもとても広々としています。洗面台2つが対面になっており、ベランダ側にはお風呂とシャワーがあります。お風呂の窓を全開にするとベランダのデイベッドがあり、外気浴もできますよ。

さらにお風呂のお湯は天然の温泉です!温度がとても高いため、早めにお湯を溜めておいて冷ますと100%の温泉を楽しめます。(お急ぎの場合はお水を足して温度を下げてくださいね。)

奥にあるクローゼットもとても広々でどれだけ荷物が多くても大丈夫。スーツケース置き場下の引き出しにはアメニティが入っていました。

最後にベランダですが、こちらにもデイベッドが2つとテーブル・椅子が設置されていました。

これだけデイベッドがあれば寛ぎ放題、お部屋から出たくなくなってしまいますね。

アメニティ・備品

既出の写真たちにちらほら映り込んでいますが、アメニティや備品について紹介します。

下1枚目に写っている素敵な模様に切り出されたアイテムはルームキー。ウェルカムフルーツはみかんで、スナックも2種類準備されていました。

アイスペールの手前に置いてあるのがもう1つのスナック(おかき)です。テレビ横の縦長の棚に電気ポットやコーヒーメーカー、茶器がセットされていました。

また、アマネムのルームウェアはパジャマではなく、ベッドの足元に浴衣が用意されていました。

冷蔵庫の中には炭酸飲料、お茶、ジュース、お酒などが入っており、ノンアルコールは全て無料です。

バスルームのアメニティも必要なものは一通り揃っています。ただしスキンケア用品はありませんでした。

バスタブ横にはバスソルトが準備されているので、ぜひ入浴の際に使用してください。

アメニティ一覧

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・タオル・歯磨きセット・ブラシ・シャワーキャップ・ドライヤー・カミソリ・シェービングフォーム・バスソルト・浴衣・バスローブ・スリッパ・雪駄・コットン類・ミニバー・電気ポット・スナック類

サーマルスプリング・プール

サーマルスプリング

アマネムに泊まったら絶対に利用したいのがサーマルスプリングです。

プールのような見た目ですが温浴施設で、お湯の温度が2段階に分かれています。

スパ棟に行ってから着替えることもできますが、お部屋で水着とバスローブを着用して向かってよいとのことで、私たちもお部屋で着替えてからカートでスパ棟に連れて行ってもらいました。

この時はなんと運良く他のお客さんがおらず貸切状態でした・・・!

ぬるめのお湯にのんびり浸かったり、屋根付きのデイベッドでごろごろしたり、最高の時間を過ごすことができました。

建物の中にはドライサウナ・スチームルーム・スパ施設・貸切温泉・ジムなどもありますよ。

Satoko
Satoko

サーマルスプリングはお子さんも利用できますが、12歳以下の利用は午前中のみに制限されています。

静かにサーマルスプリングを楽しみたいという方はお昼以降の利用をお勧めします。

プール

プールは海と繋がっているように見えるインフィニティプールで、ラウンジやレストランの近くにあります。

私が宿泊したのは10月で既に肌寒く、2日目は雨も降っていたため利用しませんでしたが、暖かい時期にはプールでのんびりすごすのも贅沢ですね。

レストラン・バーラウンジ

アマネム滞在中はバーラウンジでティーセットを、レストランで朝食・夕食をいただきました。

こちらの詳細は下の記事にまとめましたのでぜひご参照ください。

チェックアウト

チェックアウトの際もフロントに電話をかければカートで迎えに来てくれます。

フロントで支払いを済ませ、お決まりのラゲッジタグをいただきました。(アマンリゾーツの各ホテルに初めて宿泊するとホテルオリジナルのラゲッジタグがもらえます。)

さてチェックアウトの手続きが終了すると、フロント棟から更にカートで別の建物に移動し、そこでアマネムの専用車に乗りました。改めてアマネムの敷地の広さを感じます。

帰りは賢島駅ではなく鵜方駅の方が都合がよかったため、そちらまで送ってもらいました。

まとめ

アマネムは三重県の端っこでアクセスが良いとは言えませんが、その分素晴らしい眺望と自然に囲まれた優雅な宿泊が叶う素晴らしいホテルです。

また、ハード面だけでなくスタッフの方々のホスピタリティがとても高く、最初から最後まで大満足のステイとなりました。

自分へのご褒美やご家族ご友人の記念日など、特別な時間をぜひアマネムで過ごしてくださいね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

アマネムを予約する一休.com / Yahoo!トラベル

コメント

タイトルとURLをコピーしました